0422-38-7725
無料相談
障害について

発達障害の方の強みを活かせる職種と、注意が必要な職種

皆様こんにちは、

今回は、多くの方からのお問い合わせや、利用者さまが直面している課題に基づき、「発達障害の方の強みを活かせる職種と、注意が必要な職種」についてお話しいたします。私たちは、個々のニーズに合わせたキャリアアドバイスを提供し、皆様が充実した職業生活を送るためのサポートをしています。

【強みを活かせる職種】

  • テクニカル分野: 発達障害をお持ちの方々は、細部に注意を払い、論理的に考える能力に優れていることが多いです。プログラミング、データ分析、エンジニアリングなど、テクニカルな分野でのキャリアが向いていることが考えられます。
  • クリエイティブ分野: 芸術、デザイン、音楽など、創造的な職業も発達障害をお持ちの方々に向いていることが考えられます。独自の視点や感性を活かすことができます。
  • 研究職: 詳細なデータ収集や分析、専門知識の習得に向いている方々は、研究職で活躍できる可能性が高いです。

【注意が必要な職種】

  • 社交的な職業: 発達障害をお持ちの方々は、社交的な状況でストレスを感じることがあるため、大勢の人とのコミュニケーションが中心の職業は難しい場合があります。
  • 高ストレスな職業: 高圧力や急な変化が多い職業は、発達障害の方々にとってストレスが高まる可能性があります。
  • ルーチンが少ない職業: 常に新しい状況やタスクに適応する必要がある職業は、発達障害の方々にとって挑戦的かもしれません。

【個別のキャリアアドバイス】 最適な職業選択は、個人の能力、好み、ニーズに依存します。私たちは、個別の相談や評価を通じて、最適なキャリアアドバイスを提供し、成功に向けたサポートをしています。

上記は一般的に言われる例を元にし、TODAYでのトレーニングを受けた方々の実例をもとにまとめたものです。しかし、全ての発達障害の方が上記に当てはまるわけではありませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。発達障害をお持ちの方々が充実した職業生活を送るためのサポートが必要であれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。私たちは皆様のキャリアをサポートいたします。

関連記事

  1. 気軽に来れる居場所TODAY

  2. JST(相手を傷つけずに依頼を断るスキル)

  3. ジョブマッチング

PAGE TOP