0422-38-7725
無料相談
カリキュラム紹介

ストレスと自己効力感

こんにちは、TODAYのスタッフです。                                   今回は「ストレスと自己効力感」についてお話しいたします。ストレスは日常生活で避けることが難しく、私たちはさまざまな状況でストレスを経験します。しかし、そのストレスに対処するためには「自己効力感」が重要な役割を果たします。

【ストレスとは】 ストレスは、生活の変化やプレッシャーに対する心の反応です。仕事、家庭、健康、人間関係など、さまざまな要因がストレスの原因となります。適度なストレスはモチベーションになりますが、長期間にわたる過度のストレスは健康に悪影響を及ぼすことがあります。

【自己効力感とは】 自己効力感は、自身が課題や問題を解決できるという信念や自信を指します。高い自己効力感を持つ人は、ストレスに対処しやすく、困難な状況でも前向きに取り組む傾向があります。

【ストレスと自己効力感の関係】 自己効力感が高い人は、ストレスに対して柔軟で適切な対処策を見つけやすい傾向があります。一方、自己効力感が低いと、ストレスによって適切な対処策を見つけるのが難しくなることがあります。

【自己効力感の育成】 自己効力感を高めるためには、以下の方法が役立ちます。

  • 小さな成功体験を積み重ねる。
  • 目標設定と計画を立てる。
  • サポートを受ける。

関連記事

  1. ボランティア活動

  2. 花見ウォーキング

  3. 業界・業種・職種研究

PAGE TOP