ニュース

2019.10.11.Fri
» VCAT-Jカリキュラム(TODAY吉祥寺)

写真⑥

VCAT-Jはゲームが全体の半分の第12回目まで差しかかりました。

ゲームとセットで行うパッケージとして、「言語セッション」という話し合いの時間を設けてゲーム

についての振り返りや、ゲームを通しての気づきを話し合っていきます。

本日の言語セッションのテーマは「実務であれば自分がどのような仕事が得意/できそうかを発表し

ていく」でした。TODAYでは職員が実際に足を運んで調査をした企業で行われている業務を少し改

変し、PCや軽作業など20種類以上の模擬業務を実施しています。その模擬業務とVCAT-Jでのゲーム

の特徴とを照らし合わせて、ご自分がどのような仕事であるとできそうかを話し合っていきました。

そのあとに、それができるようになるには、どのようなことができると尚良いかについても併せて発

表して頂きました。

下記はご参加者様のご意見の一部です。

・自分はVCAT-Jで正確さと丁寧さが強みだと分かったので、シュレッダーやあてはシールを貼って

封入することができると思った。正確さは集中力も必要なので、同じことに集中して向かえる仕事が

自分には向いている。その反面スピード感を持つことがまだ課題だと感じるので、スピードをピック

アップの難しいやモグラたたきの難しい(いずれもVCAT-Jのゲーム)

・手順を覚えて慣れることが得意だと思うので、清掃の仕事に活かせると思う。清掃の順番や手順に

慣れることはできそうだが、出勤機関や清掃場所の変更などのイレギュラーなことが起こった場合う

まく対処できないと思うので、これから頑張りたい。具体的な方法としてはゲーム中に不具合が起

こった場合のイライラや焦りに注目して記録用紙に書き留めて冷静な対応方法を職員と考える。

皆さん、ご自分の得意分野になりそうな職種を少しずつ発見されているようでした。

どのようなことができたら得意分野のブラッシュアップになりそうかについては、全てご参加者の方

から挙がったご意見です。スピードや正確性を上げるために特定のゲームの難しいバージョンを行う

と良いのではないかというご意見が多く、早速その後の自習時間に取り組まれている方もいらっしゃ

いました。

本日は皆さんの得意分野になりそうな仕事について考えて頂きました。TODAYでは実際企業への職

場見学に行く機会も多くありますので、言語セッションを思い出しながら見学参加の際にご自分が本

当にできそうかどうかなどを考える材料にして頂けるとよいなと考えております。