ニュース

2019.03.18.Mon
» 誰でも解る自分を知る為の 認知行動療法(TODAY吉祥寺)

IMG_0009

今回は『認知の歪み=問題を抱えているときの思考パターン』についてみていきました。

認知の歪みには

✾全か無か思考  ✾一般化のしすぎ  ✾心のフィルター   ✾マイナス思考
✾感情的決めつけ ✾結論の飛躍    ✾誇大視と過小評価   ✾すべき思考
✾レッテル貼り    ✾自己関連付け

などがあります。

 

それぞれを説明しながら、感想や自身についての振り返りを促していきました。

文章化されたものを媒介にする効果なのか、皆さんにはとてもすんなりとご自身の

認知のパターンについての『あるある』をシェアしていただきました。また、説明の

途中でも笑い声とともに『自分だ~』との声が上がるシーンも有り、和やかな雰囲

気の中講義はすすみました。

 

今回皆さんにお伝えしたことは、

「どのパターンについても、人は多かれ少なかれ持っていること。

人によって持ってる程度に差があること。

そして持っている事自体は普通のことで、大事な事は問題を感じた時に、思考のパ

ターンに気づける事とその思考をセルフコントロールできること」です。

 

必要以上に、自己嫌悪や罪悪感や劣等感を持つことなく、そして必要以上に自分特有の

思考に執着しないことが、何かに取り組む上でも、生きてく上でも大切なことでは

ないかと感じています。

 

次回は思考記録表にチャレンジしますが、少しづつ進めていこうと思います。