ニュース

2019.06.03.Mon
» 第2クール 認知行動療法(TODAY三鷹)

IMG_0009

前回に引き続き「7 カラム法」を実施しました。テーマとしては、6 カラムで扱ったもの

を 7 カラムに落とし込んで考えていくやり方や、まったく新しい状況について扱うやり方

など、個人個人にお任せしました。6 カラムで扱った事柄でうまく適応的思考を考えれて

いても、7 カラムになるとやはり皆さんが引っかかるポイントは、4根拠と5反証です。

根拠と反証の重要な点は、実際に起こったエピソードをどんなに小さいことでも思い

出して、自動思考の正しさを証明するものか(根拠)、反するもの(反証)かに分けていく

ことです。その際躓くポイントが、根拠にも反証にも自身の考えの中のことが記されて、

状況の記憶が感情に飲み込まれてか、客観的に出来事を抜き出せていない点です。

またもう一つに、実際起こったエピソードには小さいこと、些細なものはなく、そう

考えてしまう自身のとらえ方が存在するだけなのですが、そのことになかなか気づいてい

ただけない点も4と5記入が進まない原因になっています。

今回は、そんな問題点を踏まえて、お一人お一人の進行具合とレベルに合わせて、

ご自身の考えではなく起こった出来事に焦点を合わせていただくことと、同時に自動思考

の認知のゆがみを明確にするお手伝いをさせて頂きました。自動思考のままを扱います

と、1に記された出来事にとらわれすぎて、根拠も反証も探す範囲が狭くなってしまう

ので。少し視野を広げて、自動思考というその場のとらえ方の一段下にあるどの場にも

共通する思い込みに目を向けてもらい、その思い込みに対しての根拠と反証について

探していただきました。このやり方は、進行方法にも適応的思考を考えるときにも、

特に2 回目受講の方々には、納得感が高いように見受けられました。

一方、「過去のエピソードなのか、自分のとらえ方なのか」に区別がつきにくいという

点も受講回数の少ない方々にみられる特徴でした。「自分の内なのか外なのかの区別が

つくまでは、ワークはその先には進めまない」と CBTだけでなくどのセラピーにおいて

も言われていることです。

ですので、内と外を意識する訓練を少し取り入れていくことも考えています。

すっかり自分のとらえたことが真実と思い込み、自分のとらえ方に疑問を持たないという

ことはいつまでもその心理状態から脱することはできない、ということです。ここで、重

要なことは「そのとらえ方が正しいか、間違っているか」ではなく「新しいとらえ方に

持ち変える自己コントロール能力」に意識が向くかどうかということです。

1 回目受講の方々、2 回目受講の方々それぞれの課題があり、各自の課題に取り組まれて

いらっしゃる姿は感動的で、私自身に学びを与えてくださっています。

皆様に感謝とともに心からエールを送っています。