ニュース

2021.03.19.(金)
» 発達障がいの方の交流分析(TODAY吉祥寺)

発達障がいの方の交流分析、グループ A は今回で最終回を迎えました。

ここまでで、自身の性格を分析し、コミュニケーションのパターンに気づき、また、ついついやらかし

てしまう、非建設的なコミュニケーションを日常から見つけ出し、それらがどのような経緯を経て形成

され、しかも今日この瞬間にも強化され続けているのかを学んできました。そして、これらの脚本は、

分類わけされています。

例えば、≪人生のゴールを決めて、それに向かって全力疾走していく、勝利者の脚本・何事にも高望み

はせずにまぁまぁな人生を送ろうとする脚本・自身の目標は達成できず、それを人のせいにして生きて

いく脚本・やりたいことをついつい後回しにして、自分の望みをかなえることに向かえない脚本・義務

感だけで生き、やらなければならないことが、なくなった時、何をして良いのか自分の気持ちがわか

らなくなる脚本≫ etc…

どうでしょう、皆さんの中には身につまされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こんな脚本の分類も含めて、いよいよ自身の脚本を探し出すワークに取り組みました。

このワークは、今までやってきた分析結果に加えて、≪小さいころ嵌まっていたアニメ・絵本・童話が

人生にどんな影響を与えているのか・寿命をいくつに設定しているのか・自分や人生について、どんな

結論を出しているのか≫

などについておもいおこすワークです。参加者の方々は各々に思い起こす作業をしていらっしゃいまし

た。

皆さんも、少しの時間以上の問いに思いを馳せてみてはいかがでしょう。普段考えていないことなの

で、思いつくまでに時間がかかるもしれませんが、なんとなく自分の人生のエッセンスが感じられるの

ではないでしょうか。

参加者の方々も幼い頃に読んだ物語から、ご自分の人生のエッセンス=勇気・正義感・英知・冒険心な

どなどを探し出していらっしゃいました。

自身の脚本にアタリがついたなら、続いては今までの脚本を手放して、自身が本当に求めているものを

探し出し、それを手にするために今日から取り組むことを見つけるワークをしました。

これを自分との約束として今後決めたことを追行して本当の人生を歩んでいくことを目指します。約束

は、現実的で主体的で能動的なものを設定します。そしてスモールステップで進んでいきます。

皆さんもチャンスがあれば『脚本からの脱却』を体験してみてください。