ニュース

2019.02.08.(金)
» 実践的キャリアデザイン講義(TODAY三鷹)

今回のキャリアデザインは、

自分が転機を迎えた時にどのように対応していくかという内容でした。

シュロスバーグの4Sをもとに、予期せぬ人事異動を言い渡されたという

ケーススタディで取り組んでいただきました。

 

4Sとは状況(Situation)、自己(Self)、支援(Support)、Strategies(戦略)という切り口で、自分の持っているリソースを点検し、転機に対処していくというものです。

 

はじめにセルフワークで考えたあと、グループになってケーススタディに取り組まれました。とても難しいワークですので、ご利用者様苦心されながら、ワークに取り組まれていましたが、

 

人事異動自体をどのようにとらえればよいかという点で考えてくださったり、異動先の部署のよい部分をさがすなどという点に気づいてくださったりなどなど、素晴らしい発言を耳にすることができました。

 

シュロスバーグによれば、転機はさけることができないので、4Sを用いて自分のリソースを点検し、強化し、転機によるマイナスの影響を少なくすることが大切だということです。

 

今回はケーススタディを用いましたが、ご利用者様お一人お一人が自分にあてはめて取り組んでくださればと思っています。皆様、大変おつかれさまでした。