ニュース

2019.06.13.Thu
» 利用者様から見たTODAY

IMG_5387

どんなことをやるの?

就労移行支援事業所は、主に以下のような人が対象です。

①社会経験がなく、就職に漠然とした不安を覚えている人
②社会経験はあるものの、働いて体調を崩して休職・退職。再就職にブランクを感じている人

一人で就職活動をするのはとても心細いですが、学校形式で毎日通所することで同じ不安を感じている人と悩みを共有しながら、支援員さんによるサポートで円滑に就職を目指すことが出来ます。

TODAYでは、精神・発達障がい者であれば、受給者証を持っていることで入所することが出来ます。障がい者手帳のない人でも入所→卒業した方はいらっしゃいますよ。

三鷹と吉祥寺の違いは?

TODAY三鷹はうつ病などの精神障がい者。TODAY吉祥寺は発達障がいの方が原則対象になります。

発達障がいの障がい特性から来るうつ病の場合、施設の判断でどちらになるか分かれます。

精神障がい者手帳を受けられなかった方で、うつなどから来る体調の悪化で就職活動中の方も原則施設の判断になりますが、三鷹になる可能性が高いです。

TODAY三鷹も吉祥寺も、歩いて移動できるくらい距離は離れていないので、どちらの所属になっても通所で苦労することはないと思います。

プログラムの中身は?

TODAY三鷹と吉祥寺でやることは異なります(後述します)が、基本的には以下になります。

TODAYでは、講義形式のプログラムが中心になります。「毎週やること」と「毎月やること」「祝日にやること」の3つの組み合わせになります。ちなみに、TODAYのお休みは土日と年末年始のみです。祝日は通所日です。

以下は必ずやるとは限りません。時期によってプログラムの内容は見直されます。

●毎週やること
・SST
・ビジネスマナー
・認知行動療法
・キャリアデザイン
・ピアカウンセリング
・ハローワーク
・振り返り
等など・・

SSTは、例えば電話応対、風邪で会社を休む時の電話連絡などをシミュレーション形式で演習してみるものです。
ビジネスマナーは、お辞儀の仕方や敬語、面接マナーの練習などを行います。
認知行動療法は、コミュニケーションで相手の意図をくみ取ったり、会話でストレスを抱えない手法について学びます。
キャリアデザインは、就労も含めた自身の将来像について整理する方法を学ぶ講義です。
ピアカウンセリングは、皆で円座を組んで悩みや話し合いたいことについて、討論します。
ハローワークは、ハローワークにいって就職先の検索を行い、企業情報を調べ発表し合うものです。
振返りは、1週間起きた出来事や体調の変化を支援員さんに報告・相談する機会です。ちなみに毎日連絡ノートを書くので日次でも報告を行います。

●毎月やること
・調理実習
・プレゼン大会
・ニュースディスカッション
等など・・・

調理実習は、利用者が自分たちで何を作るか決め、工程・スケジュールを管理しながら、実際に材料の買出しや調理用具の点検・調理を行うプログラムです。付近の調理室を借りて行います。
プレゼン大会は、お題を決めそのお題に則って5分ほどの発表を行うものです。利用者で仮想的に会社を立ち上げてみる・・という企画もありました。
ニュースディスカッションは、最新のニュースについて利用者同士で情報共有・話し合うものです。

●祝日にやること
・書初め、神社詣で
・散策(井の頭公園など)
・たこ焼き、鍋、チョコレートフォンデュパーティー、クリスマス会、OBOG会
等など・・・

TODAY三鷹では何をやるの?

TODAY三鷹は講義中心になります。

利用者の方はコミュニケーションに積極的な方が多めです。会話をするのに疲れた場合は、個人ブースで休むことが出来ます(ただしスペースが限られているので、多用は出来ません)

就職をするためには、日常生活や健康が安定している必要があります。
精神系障がいの場合、一度体調を崩すとしばらく休んでしまって仕事に穴を開けてしまったり、そのまま辞めてしまうケースも少なくありません。
そのため、そうならないための通所の安定・自己解決手法の勉強・他人との関わり(コミュニケーション)を徹底的に行います。

それで体調を崩してしまうことももちろんありますが、通所しているうちは「練習期間」ですので、いくらでもトライすることが出来ます。また支援員さんにもいつでも相談出来ます。最初のうちは勤怠が安定しないかもしれませんが、徐々に慣れてきて「勤められる筋肉」を身に付けることが出来ますよ!

TODAY吉祥寺では何をやるの?

TODAY吉祥寺は、講義の他に実習プログラムが用意されており、パソコン(EXCEL)によるデータ入力や軽作業などの事務職作業の演習も出来ます。

後述しますが、ステップ2段階の人が面接や実習を重ねることで、もう少し練習したほうがいいいと思った項目があった場合、三鷹の人でもこの実習プログラムを行うことで補うことが出来ます。

TODAY吉祥寺は物静かな方が多めです。三鷹と吉祥寺で気風が異なりますので、もし一方では合わないと感じたら相談次第でもう一方にもいけるようですよ。

お気に入り詳細を見る

ステップ1とステップ2

TODAY三鷹も吉祥寺も、ステップ段階制度が設けられています。

・ステップ1:講義メインフェーズ
・ステップ2:就職活動メインフェーズ

入所当初はステップ1で、講義などの受動的なプログラムに参加することがメインになります。企業見学や実習(限定的)も受けられますが、原則施設が用意したものを受ける形になります。

自分で選択した企業の実習を受けたい!面接を受けたい!という場合はステップ2に昇格する必要があります。ステップ2になると、人材紹介会社への登録や希望企業へのエントリー・実習・面接を受けることが自由になりますが、全て支援員さんと二人三脚で行います。反面自分でスケジュールを立てて能動的に動けないと、日々何もしないで終わってしまいます(ただステップ1のときと同じように講義にも参加できます)。

ステップ2になるためには、通所率の安定、履歴書・職務経歴書・合理的配慮事項説明書、希望就労先をまとめたシートの準備が必要になります。まずは

・フルタイム就労希望の場合、通所を週5にすること(事情がある場合は考慮)
・夜更かしせずに寝られていること/感情が安定していること
・ステップ2に上がりたいという強い希望を支援員さんに示していること

上記3つが重要で、あとは支援員さんと相談しながら、ステップ2に上がるために何が必要か?満たしていくことになります。

TODAYのメリット・デメリット(他の就労移行支援と比較して)

TODAYのメリットは、支援員さんも利用者さんもとても親切で親身に話を聞いてくれることだと思います。

日々の人に話すには気が引けるようなこと(例えば、オンラインゲームで他人と衝突したとか、町内会がめんどうとか)もなんでも話を聞いてくれます。それはそのような些細なこともメンタルに強く影響を与えてしまっている可能性があるためです。

他の就労移行ではもっと機械的で、些細なことや逆に重すぎること(家庭事情など)は話を聞いてくれないケースが多々あります。それもまた軽はずみなことを答えてしまうとその人に大きな影響を与えてしまうからという判断だとは思います。

もし職場訓練(実際の仕事に近いことを練習したい)を重視したいのであれば、他の就労移行支援事業所のほうが学べる可能性がありますが、もし障害者枠の就労を希望されるのであれば、スキルはそこまで重視されないことが多い(入社してから学べる範囲・スタンス)ので、まずは日常生活を安定して過ごせるための体力・自己解決ノウハウを学べるTODAYはお勧めだと感じます。

私自身も前職からのブランクが長く、ほぼひきこもり同然の状態で他人と話す機会がなくふさぎ込んでいたのですが、TODAYに入ることで明るくなれ、他の方とコミュニケーションをとるのが楽しくなりました。その態度(面接時)が評価されたのか、就職先も無事見つけることが出来ました。